三陸を見る、歩く

リアス式海岸が作り出す美しい景勝。

太平洋に突き出した数々の半島と碧い海が織りなすその絶景は、古くから多くの旅人の目を楽しませてきました。一番早い日の出を見る事が出来る本州最東端・重茂半島。椿が咲き乱れる碁石海岸。奇岩奇石が並ぶ唐桑半島。そして白砂青松、高田松原の復興が進む広田半島。

その半島の数だけ雄大な姿を見せてくれるリアス式海岸は、起伏の大きい山地が、地盤沈降や海水面上昇に伴って海水の進入を受け、尾根の部分が半島に、谷の部分が入り江になったものなのです。この絶景を見に三陸リアス式海岸へお越しください。

碁石海岸

碁石海岸は、三陸を代表する景勝地の一つで、3つの洞門がある「穴通し磯」を代表に、雷のような音を発する「雷岩」黒い玉砂利の「碁石浜」など多彩な景観が有り、晴れた日には宮城県の金華山を望めるなど、各所で青い海に緑の松が映える絶景を見る事が出来ます。又、世界の椿館やみちのく潮風トレイルのコースの一部になるなど見所が満載です。

巨釜半造

海食による大理石の奇岩が連続する景観が続く唐桑半島。泡立つ波が巨大な釜で湯がたぎるように見えることから名が付けられました。又、東岸には高さ16mの大理石の柱「折石」が津波に耐えた復興のシンボルとして波際に立っています。海と半島を見晴らすビューポイントも点在、レストハウス・ビジターセンターもあり三陸をしっかり体感できます。

三陽支配人体験レポート

地元の観光地を、支配人の観光体験を踏まえてfacebookにてご紹介しています。
ガイドブックなどには無い情報があるかも、旅のご参考にどうぞ。

体験レポートへ

三陸を味わう

世界三大漁場に名を連ねる、
三陸沖。

三陸の海はリアス式海岸の美しい景観以外にも私たちに大きな恩恵を与えてくれています。当ホテルがある岩手県陸前高田市の沖合、「三陸沖」は世界三大漁場の一つに数えられる有数の漁場です。北から寒流の千島海流(親潮)、南から暖流の日本海流(黒潮)が流れ込みぶつかりあうこの海域では非常に豊富な種類の魚介類が水揚げされます。当地域では沿岸漁業が盛んにおこなわれており、飲食店、宿泊施設、小売店などではその日とれたばかりの新鮮な魚介類が提供されることも多々あります。

牡蠣をはじめとする養殖漁業

当地域をはじめとした三陸地域において、特に力を入れている沿岸漁業に養殖業があります。養殖業では、わかめ・こんぶ・ほたて・かき・広田湾産イシカゲ貝・ほやなどを育てています。イシカゲ貝は当地域でのみ養殖している貴重な貝類です。当ホテルでも入荷できた時は惜しみなくお客様に提供しております。

とれたてを味わう沿岸漁業

養殖業と並び、当地域で盛んにおこなわれているもう一つの漁業が定置網漁です。定置網漁は沿岸から30分〜1時間程度の場所に、魚種や潮の流れを読んで網を設置し、回遊する魚群を誘い込んで漁獲する漁法です。過剰な漁獲になりづらいため、持続可能な漁法として評価されています。

地元の旬の食材を当館で

三陸の海は、豊富な海産物を恵んでくれます。その恵みを、季節ごとに当館で味わう事が出来ます。代表的な食材は

通年の食材「ホタテ」

甘くて肉厚な三陸産ホタテは、三陸の海の味覚には欠かせません。通年通して食べることが可能で醤油を垂らして焼いてもよし、お刺身でもよしですが、当ホテルでは40年前から変わらずの人気メニュー「ホタテのクリーム焼き」をご提供しています。

夏の食材「ホヤ」

独得の香りと潮の味が魅力のホヤは、岩手県・宮城県ではメジャーな食材です。万人受けしない食材ではありますが、はまる人には唯一無二の食材になります。是非三陸に訪れて新鮮なホヤをご賞味ください。

秋の食材「サンマ」

たっぷり脂の乗った身をこんがり焼いたさんまの塩焼きは、まさに日本の秋の味覚、しかも栄養満点のお魚です。サンマの本場の三陸では塩焼き以外にも美味しいサンマの食べ方が沢山あります。新しいサンマの味を発見しに三陸にお越しください。

冬の食材「牡蠣」

口に含んだ瞬間に広がる海の香り。内側から溢れるようなジューシーな食感。三陸の牡蠣は、複雑なリアス海岸のおかげで潮通しが良く、北上山地から川を通して流れ込む栄養分で立派に育ちます。フライで、鍋で、グラタンで、と食べ方が豊富で食べる事を飽きさせない魅力的な食材です。

三陸のお土産

「かもめの玉子」

三陸のお土産の定番はこれ! 銘菓「かもめの玉子」は大人から子供まで贈られたら喜ぶこと間違いなし、白餡をカステラで包んでホワイトチョコで包んだ卵型のお菓子は、まさにかもめの玉子。三陸のお土産にぴったりです。

「くまがいホルモン」

陸前高田のソウルフード「くまホル」こと「くまがいホルモン」は、陸前高田市民に愛されている、「熊谷精肉店」の大人気商品です。昔ながらのホルモンで、レバー・タン・ハツもごちゃまぜに入っています。 そのため食感も「コリコリッ」「ぷるぷる〜」いろいろで、ボリュームたっぷりです。夏のバーベキューや冬のもつ鍋におすすめです!

「夢の樹バウム」

陸前高田の新しいお土産と言えばこれ!奇跡の一本松をイメージして作られた見た目にインパクトがある商品です。小岩井農場のバターや沿岸の有精卵と言った岩手の食材にこだわって作られている木村屋自信の逸品です。ホテルの朝食も同じ卵を使っていますので、卵が美味しいと感じたら是非お買い求めください。

「フカヒレスープ」

気仙沼の名産は言わずと知れたフカヒレです。高級品のフカヒレを気軽に味わう事が出来るフカヒレスープは三陸のお土産として最適です!気仙沼らしさが光る商品ですので、今晩のおかずに、贈答用にいかがでしょうか。